2020年10月号 スタッフ石橋ハロー通信より

公開日:

カテゴリー: STAFFハロー通信 | ハロー通信  タグ:  | | | | | | | | | | |


こんにちは、スタッフの石橋です。

梨旅行編 その⑥】

 10月となりました。今年は9月になってから幾分涼しい日が多く、例年よりも「秋」を感じております。しかしながらこの緩急ある温度変化。早くも冬の寒さを予感させ、今から軽く震えております・・・。

さて、今回またしても山梨旅行編ですが、流石に本日で最終回となります。

 

 旅館を後にし、午前中は「ほったらかし温泉」に寄っていた石橋家一行。帰路の中、このまままっすぐに帰る・・・と思わせて、最後にもう一か所だけ寄っていくことになりました。というわけでやってきたのは「富士急ハイランド」さんです!!そういえば山梨にあったな~、ということでちょっとだけ遊園地の空気を吸いに行こう!となったのであります。

実は富士急ハイランドさんは2018年7月から入園料自体は無料になったのです。つまり入るだけ、別に何もしなければ本当に無料で出てこられます!(それもワビしいですが)好きなアトラクションが一個だけで、それだけどうしても乗りたい!という人に向いていそうです。石橋は遊園地の空気が吸えて、耳や目で感覚を味わえて、写真が撮れれば充分満足です。(ワビしいタイプの人種)ここ数年遊園地なんてものは本当に無縁だったので、入園するだけでもテンションが上がってしまいますね。天気がもう少し良ければ言う事はなかったのですが、充分見どころがあります。とりあえずせっかくだから一個くらいは何かアトラクションに乗ろうか~ということになり、とりあえずぶらぶらと園内を散策して回ります。

 

「富士急ハイランド」入園!

 

有名な「戦慄迷宮(病院編)」の前を横切りました。怖いだけではなく、そもそも迷路として難関過ぎる全長900mの大迷宮・・・話題としては気にかかりますが、まだ長生きをしたいので今回は遠慮しておきました。さて、富士急と夢の国との違いはやはり“絶叫マシンの多さ”でしょうか。

「戦慄迷宮」入らずして戦慄しました。

 

「ドドンパ」「高飛車」「ええじゃないか」「FUJIYAMA」CMでよく見る有名そうなところだけでもこれだけあります。母と姉は絶叫が大好きなのでものすごい乗り気です。乗り気です。乗り気・・・ですが、石橋はまだ長生きしたいので全力で拒否しました。(大の絶叫嫌い)結局怖がりにも安心そうな「富士飛行社」というアトラクションに乗ることにみんな承諾して下さいました。(感謝)これは富士山の上空を飛んでいる・・・かのような雰囲気を楽しむ、映像系のアトラクションです。

 

「富士飛行社」設定や雰囲気が良かったです。

 

うん、これなら怖くないです。怖くはなかったし、わりとファンタジーな感じで楽しかったのですが・・・なぜか、酔ってしまいました・・・。おかしいな、椅子は全然動いて無かったし、映像だけ動いて風が吹きつけてくるくらいだったのに・・・。でも、そういえば石橋は映画館の4DXも若干酔っぱらう人でした。もしかしなくても、三半規管が弱すぎる・・・?今後の課題を得た気持ちでした。ちなみにこの時期は冬まっさかり、スケートも大反響でした。全然全く滑れないけど、なんとなく楽しそうな雰囲気に少しだけ滑ってみたくなってしまいました。でも次は資料的に夏の遊園地に来てみたいですね。

ひたすらグダグダな石橋家の旅、山梨旅行編ついに完結です。今回の旅行、意外と色々なところに足を運んだのでついつい長語りになってしまいました。最後までお付き合いいただきありがとうございます。次のハロー通信では何か・・・何か・・・別の、出来ればおしゃれな話題を用意できるように精神力を高めて参りたいと思います。ではでは!

 

 

 

楽しそうなスケートリンク。